858話簡易ネタバレ
"会議"


【東の入り江】

タイヨウの海賊団に介抱されているペコムズ。

ジンベエはベッジのガキの事をママに報告できたのかと心配な様子。

アラディンやプラリネから大人しくしているように忠告を受けるも、夜中入り江に荷物を運ぶ者の姿があった事を不審に感じたペコムズはビッグマムの所へ行こうとする。

それを慌てて阻止するタイヨウの海賊団。

【ファイアタンク海賊団のアジト】

ヴィトと風呂に入りさっぱりしたチョッパーがルフィとサンジを出迎える。

ヴィト曰く頭目(ファーザー)は汚いヤツとは会いたくないとの事。

ナミとキャロットの入浴シーンがあるとか。

ローラと双子の姉妹だというシフォンがナミとローラについて会話をしている。

シフォン曰くマムは世界中の巨人族から嫌われていたと言う。

しかしある日エルバフの王子「ロキ」がローラに求婚してきた。

巨人族とのわだかまりも解消され世界一の強国と名高いエルバフの軍勢を手に入れられるとあってマムは歓喜の涙を流す。

だがローラは逃亡。マムは巨人族を仲間にするのを諦めて人を巨大化する研究を始めた。

ローラと瓜二つの自分もひどい仕打ちを受け、いつか殺されるかもしれないと思ったらしい。

お茶会まで3時間30分。

風呂上りのルフィ達がベッジとの話し合いを始めるが会議にはなぜかシーザーの姿がある。

シーザーの心臓を手に入れたベッジは彼を逃がし配下に加えていた。

会議は荒れた。

しかしジンベエの「マムは好きか?」の問いかけに全員が「嫌いだ!」と叫ぶ。

この場にいる全員を連合軍と呼び、そして一時的に手を結ぶよう求めるジンベエ。

ルフィ「作戦は!?」

ベッジ「完璧なものを考えてある」

シーザー「さっさとやるぞ!それで終いだ!」

次回へつづく。

今回は感想が本編がしっかり明らかになってからやります。

丁寧な感想をご期待ください。