858話 小ネタ分析
ジンベエのビッグマム打倒の執念はどこから来る?

ルフィにカポネと手を結ぶ話を持ち掛けるほどビッグマムを倒したくてたまらないジンベエ。

その執念は一体どこから来ているのだろうか。

一つ考えられるのは、あのルーレットの件である。

きっと新聞で腰抜けのように取り上げられた事がジンベエの中で我慢ならなかったのかもしれない。

実際その記事を読んだブルックですららしくないとジンベエに対しやや落胆していた。(ただジンベエだってビビることもあるだろうから骨男はちょっとジンベエに期待しすぎではないか)

蓋を開けてみれば身を引いたのは正解だったが、しかし855話の展開予想の中で触れたように普通にビビってしまったとも取れる。

そのような葛藤が実はジンベエの中で存在しておりそれがかなり堪えているのかもしれない。

新聞でそのように取り上げられ、実は本当にルーレットの恐怖に圧されてしまった、これがジンベエの中で我慢ならないのだ。(カポネに協力してビッグマムの首を切りたいほどに)

何だろうとジンベエのビッグマム打倒への意気込みは冷静に見えるがかなりのものと思える。

ペコムズから情報を引き出した後、丁重に扱っているだけはある。

ただここで一つ疑問が浮かぶ。

なぜペコムズはビッグマムを気に入っているのか?

この続きはペコムズがビッグマムを慕っている理由とは!?をご覧ください。