856話展開予想
嵐の前の静けさが終わる…

前回の展開予想に反し良い笑顔でサンジはルフィを発見したが、しかしこのままの流れが続くとは限らない。

ルフィに飯を食わせた後冷静になったサンジがまた鬱モードに入るかもしれない。

ルフィの(ゼフの事はほっとけという)説得がどこまでサンジに通じるかは良い笑顔があった今でもやはりまだ分からないのである。

しかしポーネグリフの写しを手に入れ、仲間達はほとんど合流し、ルフィもそろそろ全快になる(おそらく)、

いよいよ何か準備が整ってきたのは確かだろう。

もしお茶会が次かその次で始まるのならサンジが城へ戻る理由が問題である。

ゼフの件が引っ掛かっている場合だとサンジの気持ちに本当の意味で進展はなかった事になる。

しかしレイジュにそろそろ恩を返そうと思って戻る場合は話が大きく変わっている。

前者は鬱モード

後者は前向きなのでこっちの方が気分の良い展開なのは間違いない。

それに仲間が全員集まって来たというのを考慮すると前向きな方が展開として繋がりやすい。

なので……ボビンを思いっきり蹴ったことによって気が晴れ気持ちが変わったとかそういう事になるのだろうか。

それともルフィの顔を見て何か踏ん切りがついたとかそっちだろうか。

この部分はやはりまだどうなるかは分からない。

ただそろそろ、カポネ側の描写が欲しいところである。

正確には仲間ではないがペコムズが戻っていないので一体何を考えペコムズを崖から突き落としたのかそろそろ明らかになるべきだろう。

もし長く引っ張るならやはりプリンとの関連が考えられることになるが、こちらもハッキリとはしていない。

そして一つ思い出したがボビンがサンジを探しに行ったのでその部分で展開が引き伸びる可能性はある。

最近展開がやけに急ぎ足になったのだから逆にそういう結構どうでもいい部分で尺は取らないでもらいたい。ボビンと何かあるなら3ページ以内で収まるのを期待する。

そしてブルックが偽物とすり替わっていると気づいたビッグマムがブチ切れる展開があるかもしれない。それがお茶会にどう響くのかが見物である。(逆に全く気付かずお茶会まで進むパターンもありえる)

そういえば854話の感想で言い忘れた事があったのを思い出した。

ジンベエは死と悪意の臭いしかせんという事でルーレットを辞退したという事であったが、

それはつまり逃げ腰になったのと変わらないのでは?とちょっと思った。

その後ブリュレがあっさり種明かしをしたからそれが事実だとなったが、もしあの時誰も真実を言わなかったら誰もがそれって単にビビっただけじゃん!と思ったはずだ。

ジンベエは第六感が異常に優れているのか、それとも実はビビったのか

こちらも真相は不明なのかもしれない……