856話考察
なぜサンジはレイジュだけじゃなく他のヴィンスモーク家も助けたいのか?

「あいつらを見捨てて逃げる事ができない」ヴィンスモーク家に情が移ったサンジ。

これは一体どういう事なのか?

今からちょっと分析してみる。

ちなみにサンジがこうなる前真逆の出来事があった。

852話考察 "レイジュのジェルマへの態度が一変した真相とは!?"

レイジュの方がなぜかヴィンスモーク家が滅べばいいと言っていた。

その理由を上の分析では「サンジと再会したことによって昔(母親)を思い出し、それが心境の変化を生んだのかもしれない。」と結論を出した。

この要領でサンジにも同じように心境の変化が……と言いたいところだがサンジには良い思い出は一つもなかったはず。むしろ悪いことしか思い出さないはずなので再開による心境の変化の線は微妙と思える。

しかしレイジュの心境の変化がサンジに影響を与えたというのはありえるだろう。

レイジュの話を聞いてあの三人が遺伝子操作によってあのようになっていると知った。

更にジャッジがサンジにつらく当たったのも母親の死因と関係があるからとも聞かされた。

このようなヴィンスモーク家の舞台裏のような話を聞いて家族を見る目がきっと変わったのかもしれない。

しかもほんのちょっと前プリンの衝撃的な正体を目撃してしまったことによって精神崩壊しかけた事も考慮すれば、サンジに心変りが起きたのは無理のない流れだったと考えることができる。

ちなみに相変わらずサンジのレイジュへの態度は未だに他のヴィンスモーク家への態度とそれほど変わらない印象を受ける。

怒りの度合いが違うのは分かるが特別枠には入ってないように思える。ルフィとの会話を聞く限りあのレイジュとのやり取りで何かが変わったようには見えない。

やはりサンジとレイジュの関係の時系列をおさらいの中で言ったようにサンジはレイジュのことをあまり覚えていないのだろう。

その分析の中で出した結論は本当に公式なのかもしれない。

という具合にレイジュに引き続きサンジの心境の変化も上手く解釈できたと思うが、しかしもう一つ考えられる。

これが本当の真相かもしれない。※今回の場合最近よく突っ込んでいる尺の都合ではない。

どういう事かは(2)へつづく。

ページのトップへ戻る