856話感想
"ウソつき"

簡易感想で詳細な感想をやると言ったが、嵐の前の展開という事もあって正直あまり言うことがない。(考察することもあまりない)

ただちょっと気になったシーンを挙げよう。

ジンベエにサンジが簡単に戻っては来ないだろうと聞かされて顔を歪めたナミ。

こういう表情はあまり見せないので中々珍しい。

サンジだけかと思ったが最近ナミの方でも結構色々な表情が描かれている気がする。

ペコムズが崖から突き落とされサメの餌になるところだったと聞いた時のペドロ。

……なんかちょっと怪しい雰囲気を感じたのは自分だけだろうか?

ペドロ裏切り者説の復活か…!?(まずないとは思うが)

では次。

ボビンを撃った三人組。

カポネ、ゴッティ、ヴィトだと思うが果たして真相は。

マスクを取ったジャッジの顔。

なぜ素顔が映らない

というかなぜいつもマスクをしている。

これは一つの謎である。

ちなみにヴィンスモーク家の面子がやけに酒に強いのがアピールされていたがこれは別に遺伝子操作が原因ではないだろう。

というのもジャッジは普通の人間なのでそれを考えるとこれは単に酒に強い家系の意味だと思われる。

そしてルフィとサンジが再開し、ようやく展開が動きそうである。

ちなみに話は変わって、84巻の感想をまだやっていないがその理由は収録内容が849話までというのが引っ掛かっているからである。

プリンの裏の顔が明らかになる直前までしか収録されていないのでどうにもやる気が起きない。

850話を境に話の雰囲気がガラリと変わったからそれ以前の話は旧バージョンのホールケーキアイランド編という感じでどうも取り扱いにくい。

下手に何か言ったらネタバレになるし、少し困っている。(キリよく850話までだったらかなりやる気が起きたのだが)

ただ次回はいよいよ休載のようなのでその間もしかしたら84巻の感想(SBSも含む)をやるかもしれません。