855話考察
ブルックの持つヨミヨミの実の能力を改めて検証!
…と思ったのだが……

ポーネグリフの写しを頭の中に隠すことで見事にビッグマムを出し抜いたブルック。

感想の中ではブルックの体内は黄泉の国に繋がっているのかもしれないなどと言ったが、しかし文章だけじゃなく本編の画像を見て気付いたことがある。

それは何か普通にコンパクトに紙を折りたたんで収納していたという部分。

……つまり、今回の事はヨミヨミの実の特性とは関係がない?

いやガイコツが動いて頭蓋骨を自在に動かせるというのを考慮すると関係があるのだが、しかし予想していたより深くはなかったのかもしれない。

とはいえ食ったものが外から見えないしそもそも骨なのになぜ飯が食えるなどヨミヨミの実はやはり妙な特徴を持っている。

ちなみにポーネグリフの写しを縦にして収納していた場合こう結論を出すつもりだった。

ブルックの体内構造悪魔の実の力とブルック本人の魂の力が合わさって機能している。

昔立てた予想では臓器を成していた物質が未だに繋がりを持っているのかもしれないなどと言ったがこれはそうじゃなく悪魔の実というシンプルなもので間違いない。

今回の事ではハッキリしなかったが、しかし今後また何かを隠す状況に遭遇したら今度こそはしっかり魂の力による四次元ポケットもどきの技を見せてくれると期待している。

(というか今回明らかになった事はブルックはおりがみの才能があるという事かもしれない)

ページのトップへ戻る