854話感想
"何やってんだ"

ジンベエとナミがチョニキ達と合流したことによって分断していたメンバーが徐々にまた集まってきている。

これは中々良いペースだが、この調子だとチョッパーがルフィに何か呟いた件はもう無かったことになるかもしれない。

(思わせぶりな演出)

そしてプリンが言っていた計画は本当にビッグマムが立てたものだと判明したが、何かが引っ掛かる

もし何もどんでん返しがなければこの展開には正直ガッカリであるが何かがおかしい気がする。

ただそれは後日考察するとして、それにしてもサンジを本当にあの銃で殺る気らしい。本当にどれだけインフレした威力なんだ。

次は刀が沢山出てくるワノ国編という事で今の内に強力な銃を出しておこうという何らかの狙い(?)だろうか。(よく分からないが)

ちなみにプリンから「ホネ」と呼ばれたことに引っかかったブルックだが、前回の「骨男」だったらどう反応していたのかが少し気になる。

それからプリンの本性を知ったブルックは(大半の読者のように)混乱していく…。

そして簡易バージョンのネタバレペドロ爆死の文字があったが、その真相はタマゴ男爵がペドロが爆死したと決めつけそのように報告をしていたという事であった。(というわけでこの部分はやっぱり実質嘘バレであった)

しかしオペラの嘘の報告は本当であった。

そんな嘘を言ってもすぐにバレてむしろ逆効果だと思うのだが、それだけ相当パニくってるという事なのだろうか。

そしてサンジはついに意を決した……というよりは勢い余ってついボピンを蹴ってしまったのでその勢いのままおそらくルフィの所へ向かうのであった。

この先サンジの本当の決意のようなものは描かれるのだろうか…。

感想は(2)へつづく。